初の公開鍵暗号

ところが、公開鍵暗号の概念が発表された翌年(1977年)には、MIT(マサチューセッツ工科大学)に勤務していた Rivest(リベスト)、Shamir(シャミア,シャミール)、Adleman(エイドルマン,アドルマン)という三人の研究者により、公開鍵暗号の概念を実現する初めての数値上の変換方法が発明されました。この暗号は三人の名前の頭文字をとって RSA暗号(アール・エス・エー暗号)と名付けられました。その後、RSA暗号以外にも Rabin 暗号、ナップザック暗号、ElGamal 暗号(エルガマル暗号)、楕円暗号、超楕円曲線暗号などの公開鍵暗号が発明されていますが、現在まで一番実績があるのがRSA暗号です。

さて、次ページからはRSA暗号がどのような理論で公開鍵暗号の概念を実現したのかという解説になります。多少の数学的知識や興味が必要ですが、直感的に理解できるよう心がけていますので、暗号に潜む面白い数理のマジックをぜひ感じて下さい。

戻る次へ