Link

リンク

サルにも分かるRSA暗号

暗号の大革命

しかし1976年、2000年もの間、仕方がないこと考えられてきたこの問題を解決する、暗号界の革命とも言える概念が Diffie と Hellman という二人の研究者によって発表されました。 この暗号の概念では、A と B という2つの鍵を使用します。 一方の鍵 ( A ) を使って暗号化した暗号文は、なんと暗号化に使った鍵 ( A ) では復号することができず、もう一方の鍵 ( B ) でのみ復号できるというのです。 また、逆にもう一方の鍵 ( B ) で暗号化した暗号文も、もう一方の鍵 ( A ) でしか復号できないという考え方なのです。

この概念を導入できれば、暗号化して伝えて欲しい場合は、一方の鍵 ( A ) を世界に公開し、送信者にこの鍵を使って暗号化して送ってもらえばいいのです。 鍵 ( A ) は世界に公開するため、誰もが自分宛てにメッセージを送信できます。 しかし鍵 ( A ) では、暗号化はできても復号はできないため、鍵 ( A ) を公開しても他人に解読されることはありません。 そして暗号文が届いたら、自分だけの秘密にしているもう一方の鍵 ( B ) を使って復号するのです。 これにより、見事に 当事者間で事前に秘密の鍵を共有しておく必要がなくなる のです。

さらに「私に暗号化して送る時に使ってくれ」と公開した鍵 ( A ) を、暗号化ではなく復号の鍵として利用できる時があります。 そう、逆に自分だけの秘密の鍵 ( B ) を使って暗号化した場合です。 そこで、ある文書を本当に自分が書いたものだとか、自分は本当に自分であることなどを周囲に証明(認証)したい時には、自分だけの秘密の鍵 ( B ) を使って暗号化し、この暗号文を公開します。 周囲の人間は、公開されている鍵 ( A ) を使ってその暗号文を正しく復号できるか確かめ、それができれば本当に自分が書いたものだと証明されるのです。 なぜなら、公開している鍵 ( A ) で復号できる暗号文を作れるのは、対応する秘密の鍵 ( B ) を持った本人だけだからです。 これにより、暗号を印鑑のように使用することができます。

二つの鍵がこの関係性を持つ実際の暗号化方法があれば、暗号の目的である 秘密情報の伝達(昔のシーザー暗号のような目的)と 認証(昔の合言葉のような目的)の両方を1つの暗号で行なえることになります。 この「鍵の一方を公開する」という概念は、鍵は送信者・受信者間で秘密に共有するもの という従来の常識を覆すものであったため、この概念に基づく暗号を 公開鍵暗号 と呼ぶようになりました。 そして送信者・受信者間で共通の鍵を用いる従来の暗号は 共通鍵暗号 と呼んで区別されるようになりました。

ただ、実際に「ある数 ( 鍵 A ) を使って平文の値を暗号文となる値に変換したのに、そのある値 ( 鍵 A ) を知っていても平文の値には戻せず、別のある値 ( 鍵 B ) を使った時だけ元の値に戻る」などという都合のよい性質を数学的に実現することは大変難しいだと考えられました。 中には「公開鍵暗号の概念は素晴らしいが、そんな数の性質を実現するのは不可能」という意見もあったようです。 公開鍵暗号の概念を考えた本人たちさえ最初は実現方法を示せず、それは当分先のことだろうと考えられていたようです。

戻る
進む
ページ上部へ