プラグインモジュール資料

SONY PVS-880S、PVS-1680S
モジュール種別 ルーティングスイッチャ
MAIN_DEVICE_TYPE pvs880s
モジュールファイル名 mapc_pvs880s-X.X.mod
通信モード 半二重 非同期 (調歩同期)
通信速度 9600bps
パリティ 奇数パリティ
データビット 8ビット
ストップビット 1ビット
タイムアウト時間 1秒
リトライ回数 3回
備考 maitouapc.conf の MTX_XP_LIST は、Xp1, Xp2, … の順に割り当てる Xp 名称を半角 4 文字(全角 2 文字)以内でカンマ区切で設定して下さい。
例: P1,P2,P3,P4,P5,P6,P7,P8
なお、CLO(日替)、–(黒味/無音)、XX(無制御)のコード名は固定で変更できません。
FVA ルータ
モジュール種別 ルーティングスイッチャ
MAIN_DEVICE_TYPE fva
モジュールファイル名 mapc_fva-X.X.mod
通信モード 半二重 非同期 (調歩同期)
通信速度 9600bps
パリティ ノンパリィ
データビット 8ビット
ストップビット 1ビット
タイムアウト時間 1秒
リトライ回数 3回
備考 maitouapc.conf の MTX_XP_LIST は、Xp1, Xp2, … の順に割り当てる Xp 名称を半角 4 文字(全角 2 文字)以内でカンマ区切で設定して下さい。
例: P1,P2,P3,P4
なお、CLO(日替)、XX(無制御)のコード名は固定で変更できません(本モジュール使用時は –(黒味/無音)は使用できません)。
TASCAM SS-R1/SS-CDR1
モジュール種別 サブシステム(送出機)
SUB_DEVICE_TYPE ssr1
モジュールファイル名 mapc_ssr1-X.X.mod
通信モード 半二重 非同期 (調歩同期)
通信速度 9600bps 固定(デバイス側は選択式のため上記に設定)
パリティ なし 固定 (デバイス側は選択式のため上記に設定)
データビット 8ビット 固定 (デバイス側は選択式のため上記に設定)
ストップビット 1ビット 固定 (デバイス側は選択式のため上記に設定)
タイムアウト時間 1秒
トラック番号 アドレスに CD の希望トラック番号を指定
備考 SD カードファイル再生には未対応。
SONY 9-pin プロトコル
モジュール種別 サブシステム(送出機)
SUB_DEVICE_TYPE vtr9
モジュールファイル名 mapc_vtr9-X.X.mod
通信モード 全二重 非同期 (調歩同期)
通信速度 38400bps
パリティ 奇数パリティ
データビット 8ビット
ストップビット 1ビット
タイムアウト時間 1秒
リトライ回数 3回
コマンド PLAY, STOP, STANDBY ON
Harris VDCP
モジュール種別 サブシステム(送出機)
SUB_DEVICE_TYPE vdcp
モジュールファイル名 mapc_vdcp-X.X.mod
通信モード 全二重 非同期 (調歩同期)
通信速度 38400bps
パリティ 奇数パリティ
データビット 8ビット
ストップビット 1ビット
タイムアウト時間 1秒
リトライ回数 3回
【VDCP】Unit Address 0x00-0x0F で指定可。maitouapc.conf の SUB_DEVICEn= でデバイスファイル名の後に「/dev/ttyHOGE:XX:YY」というフォーマットで、XX 部分に HEX 表記で指定します。
【VDCP】Signal Port 0x00-0xFF で指定可。maitouapc.conf の SUB_DEVICEn= で
デバイスファイル名の後に「/dev/ttyHOGE:XX:YY」というフォーマットで、YY 部分に HEX 表記で指定します。
【VDCP】Material ID Fixed 8 character IDs 形式のみ対応。アドレスに「HHMMSSFFxxxxxxxx」というフォーマットで、xxxxxxxx部分に指定します。8 character に満たない場合はプロトコル仕様に準じて自動的に 0x20 (space) がパディングされます。
【VDCP】SOM アドレスに「HHMMSSFFxxxxxxxx」というフォーマットで、HHMMSSFF 部分に指定します。
【VDCP】EOM (Duration) 指定不可。STOP 制御指定まで再生を継続させる設計思想です。具体的には Duration を HHMMSSFF=23595900 固定で発行するため、素材ファイルの尺を越える Duration指定が許される処理系でなければなりません。
コマンド Open Port, Select Port, Close Port, Play, Stop, Play Cue, Cue witd Data, ID Request
備考 Harris VDCP 準拠。対応機器に応じて Unit Address, Signal Port の設定が必要。
Linux MPD
モジュール種別 サブシステム(送出機)
SUB_DEVICE_TYPE mpd
モジュールファイル名 mapc_mpd-X.X.mod
通信モード TCP
リトライ回数 3回
【MPD】素材ファイル アドレスに拡張子まで含めて指定。ディレクトリは MPD 設定ファイルの music_directory が基準になります。
BG ON / BG OFF 対応